東広島ドローン愛好会からの活動報告・たより一覧

検索したい語句で東広島ドローン愛好会からの活動報告・たより一覧を検索できます。

  • 2024年2月11日練習会(小田地域センター)

    今回も無人航空機操縦士試験に向けての練習です。 これまで何回も練習しているので、口述部分は漏れなくスムーズに言えてました。 八の字飛行をスムーズに飛行させるには、できるだけエレベータ操作を一定にして、ラダー操作で旋回角度を調整しながら飛行させると、スムーズに飛行できると思います。 目視外の練習も行いましたが、登録機関によって確認手順が少し異なるので、確認工程の多い方を今回練習しました。 カメラ画像のみでの飛行になりますが、周辺の安全確認、目的地への旋回、目的地の空域安全確認を毎回行うので、とても手順が多く時間もかかるので、スムーズに無駄なくできるまで繰り返し練習が必要です。 一等のスクエア飛行の場合は、高さ変化も加わり、カメラ操作、エレベータ操作、スロットル操作を同時に行う部分がとても難しいです。 緊急時のケースでは、ATTIモードで行いますが、左右の安全確認中に風に流されるので、ここをいかに短時間で行い、減点区画に入らないように操作するかがポイントです。 着陸時も風を気にして、ゆっくり着陸しようとすると、風の影響で最後にエリア外に着陸してしまうので、ある程度の高さからは一気に降ろした方がいいと思います。

    [続きを読む]

  • 2024年1月28日練習会(小田地域センター)

    今年最初の練習会です。 数日前の寒波時よりは暖かいものの、体育館の中はすごく寒かったです。 今回は二等無人航空機操縦士の実地試験練習です。 即席で試験コースを作りますが、もう何度もやっているので、短時間で作ることができます。 最初の机上試験は省略し、作動点検(口述)、実技試験、作動後点検などを一通り1回行い、目視外飛行手順も一度実施しました。 目視外飛行では、飛行操作に加え、カメラも同時に操作することがあるので、難易度が上がります。 ドローンを見ないように、180度反対側を向き、画面だけを見て操作しますが、今どの方向を向いているのか分からなくなることがあり、皆さん苦戦されます。 飛行時にはこれから操作することや、飛行空域の安全確認結果を口答で言う必要がありますが、忘れてしまうので、何度も口に出し練習して覚えるしかありません。 寒さに耐えながらの練習会でした。 早く暖かくなって、撮影会に行きたいなぁー。

    [続きを読む]

  • 12月10日練習会(小田地域センター)

    久しぶりの小田地域センターでの練習会です。 まずは国家試験用コースを三角コーンを利用して作ります(もう何度もやっているので、短時間で作れます。) コースができたら、さっそく本番を想定し、飛行前点検、実技試験、口述試験の流れに沿って一通りやりました。 2回目は実際に試験で利用されるものと同じ機体を使ってやると、その機種特融の動きがあるので、最初は戸惑いますが、何度も操作すると慣れてきます。(ATTIモードを最初苦戦されていましたが、すぐ慣れて操作されておりました。本番想定の練習を繰り返しておくことで、本番で慌てることなく実力が発揮できると思います) 奥側ではトイドローンを使って、目視外飛行によるループくぐりに挑戦。 実機を見て操作するよりも難しいですが、自分が飛んでいるような感覚で面白いですよ。 この日は12月なのにとても暖かく、練習には最適の日でしたが、来月からはぐっと寒くなると思うので、万全の体制で臨みたいと思います。

    [続きを読む]

  • 第1回遠征撮影会(因島大橋記念公園)

    いつもは東広島市内を中心に練習会を行っていますが、今回初めての遠征撮影会を因島大橋記念公園で行うことにしました。 事前に関係者への飛行許可と連絡を行い、準備は万全です。 前日はみぞれが降るなど大荒れでしたが、当日は天気が回復し、気温も思ったほど低くありませんでした。 しかし、ドローンにとっては大敵の風がやや強かったため、事故を避けるべく全員が慎重に飛行させました。 休憩時には暖かいコーヒーと美味しいシフォンケーキもいただきました。 全員が経験が浅く、予定通りにはいかなかったものの、いくつか素晴らしい風景を撮影できましたので、後日映像を編集してYouTubeにアップしようかと思います。 充実の1日でとても楽しい会になりました。 次回はもう少し暖かい時期に、良い場所を見つけて撮影会を開催しようと思います。

    [続きを読む]